会社概要

商号

株式会社シェフミートチグサ 

(英語表記: CHEF MEAT CHIGUSA Co.,Ltd) 

所在地

本社・ミートセンター・直営ショップ
 〒262-0012 千葉県千葉市花見川区千種町210‐5

第二工場・オフィス
 〒262-0012 千葉県千葉市花見川区千種町241‐1

電話

043−259−3705 (代表)

043−259−2205 (直営ショップ直通)

FAX 043−259−3718 (代表)
会社URL http://www.chefmeat.co.jp/
代表者 鴨狩 弘
設立年月日 平成8年3月6日(創業 昭和39年)

事業内容

食肉の加工及び販売

食肉加工品(ハム、ソーセージ等)の製造及び販売

食肉加工品の輸出

調理加工品・惣菜(ハンバーグパティ、パン粉・タレ付け製品)の製造及び販売

資本金 3900万円

主な納入先

(敬称略)

ホテル、航空会社(国際線・国内線機内食)、百貨店、商社、外食チェーン、スーパー、レジャー施設、ゴルフ場、学校給食、病院配膳食、企業食堂、各種レストラン等
取引金融機関

京葉銀行 宮野木支店

商工組合中央金庫 千葉支店

三井住友銀行  八千代支店

沿革

1964年 千葉市花見川区千種町に千種精肉店として創業
1967年 園生店を出店
1996年

資本金1,300万円にて有限会社シェフミートチグサを設立 

本店・園生店を統合し本社工場・直営ショップを新設

2001年 本社工場増築
2003年 株式会社シェフミートチグサに改組
2006年

資本金3,900万円に増資

2008年

直営ショップ「ちぐさ」全面改装、お客様第2駐車場増設

(社)氷温協会・(株)氷温研究所のパテント技術指導のもと「氷温プロジェクト」 スタート

千葉県より、経営革新企業の承認

農林水産省、経済産業省より、 「地域産業資源活用事業計画」第5号認定取得

2009年

ハム・ソーセージ等の食肉加工品、ハンバーグパティ等の惣菜製品の専用製造ライン、氷温庫を設備した「第二工場」の竣工

全社部門のオフィス移転新設

氷温熟成「一」シリーズ・「ウイッピー」の販売開始

千葉県知事 森田健作氏による弊社製品のトップセールス

SMTS(東京ビックサイト)・FOODEX JAPAN(幕張メッセ)に出展開始

2010年

精肉加工・アウトパックライン新設

海外事業として香港に加熱食肉製品の輸出開始

千葉県、(社)千葉県畜産協会より直営ショップが、 「チバザポーク応援ショップ」として指定

イオン直売店「ベジタウン」、JA直売所「しょいかーご」の産直販売業態に参画

2011年

 ANA国際線のファーストクラスに弊社「一」シリーズが採用

第二工場に生ハム・サラミ製造専用熟成庫を新設

本社敷地内に新たに「CMCミートセンター」を竣工

2012年

 FOODEX JAPAN 2012にて千葉市長 熊谷俊人氏が弊社ブースにて

製品視察のため来場

DJ KOUSAKU 氏を中心とした「まるごみJAPAN」発足、弊社参画

2013年

ベトナム ダナン市と屠畜解体・食肉加工事業に関して合意

シェフミートチグサが65%を出資してシェフミートベトナムを設立

2014年

ベトナムでの和牛の販売に関する公式ライセンス取得

PB商品『氷温熟成「一(いち)」シリーズ ベーコン』が『料理王国百選2015』に選出

▲このページのトップに戻る